システム開発

業務システムのWeb化 導入事例:スタッフの勤怠管理

タイムカードのWeb化で費用削減

問題点

チェーン展開している飲食店。各店舗のスタッフはタイムカードを打刻し総務がエクセルで給料計算していた。

給料計算に時間がかかる
打刻されたタイムカードを手作業で集計しており、時間がかかっていたBAD
経営に生かせない
最終的なデータは総人件費しか分からず、適正な人員数かデータだけでは判断できなかったBAD
専用品は高い
自動集計までしてくれるタイムレコーダーはコストの面で導入できなかったBAD

導入システム

  • 店舗にバーコードリーダー、各スタッフにスタッフ証を配布した
  • スタッフ証のバーコードをバーコードリーダーで読み込んで出退勤を登録できるシステムを作成
タイムカードのWeb化で費用削減

効果

給料計算に時間がかかる
時給単価を登録するだけで、後はすべて自動化されたGOOD
経営に生かせない
POSのデータとつき合せて、時間帯別に人員配置が適切かチェックできるようになったGOOD
専用品は高い
既存のパソコンを使ったので、非常に安価に構築できたGOOD