システム開発

業務システムのWeb化 導入事例:グループウェアの導入

グループウェアで情報共有

問題点

複数の事務所と営業所を持つ製造業の会社。主な連絡は電話とメールで行っていた。

社員の交流がない
お互いに顔も名前も知らない社員がいるBAD
スケジュールが分からない
会議の日程調整はグループメールで行っているBAD
紙の回覧が回っている
メールは既読チェックができないので、回覧にハンコを押しているBAD

導入システム

  • 各部署からのお知らせや個人スケジュール、会議室の予約、掲示板の機能を持つグループウェアを構築
  • 部署からのお知らせは閲覧者を指定して投稿できるようにした
  • 携帯からもアクセスできるように、イントラネットの設定を変更
グループウェアで情報共有

効果

社員の交流がない
顔写真付きで社員のプロフィールが見れるようになったGOOD
スケジュールが分からない
出席者のスケジュールをチェックして会議日程を決められるようになったGOOD
紙の回覧が回っている
既読チェックができるので、業務連絡が楽にできるようになったGOOD