システム開発

業務システムのWeb化

業務システムを使いやすくしたい

パッケージ製品の問題点

パッケージ製品の導入は独自システム構築に比べて導入コストが安く、中小企業では一般的です。
しかし、業務効率化のために導入した業務システムですが、個々の実際の業務では使いづらく手間がかかることが多々あります。業務効率が落ちるだけでなく、会社によってはシステムに合うように業務手順を変える場合まであります。

  • 入力項目の順番が伝票と違う
  • 使わない項目がたくさんある
  • エクセルのように一覧で入力できない
  • 画面の更新が遅い
  • 使える端末が少なく、順番待ちが発生する
独自システムの問題点

独自システムを構築した会社でも、基幹業務システムは大きなシステムですので、小さな修正でも思わぬほどのコストがかかる場合があります。個別の部署で使いにくい部分の改善要望があっても、修正されるまで時間がかかる場合が多いです。また、費用対効果の面で釣り合わない場合もあります。

機能部品で問題解決

ザクロではこういったお客様にオーダーメイドの入力画面や入力機能での問題解決をご提案しています。利用者とシステムの接点部分だけを作り直し、システム本体には手を加えないので、非常に効率的に構築できます。

入力画面とエクセルから業務システムへデータを渡すイメージ

なお、パッケージソフトはデータ取り込み機能(API、CSVデータのインポートなど)を備えることが多く、この場合はより安価に改善が可能です。データ取り込み機能がない場合でも、新規にプログラムを作成して対応します。

小さなシステムでも大きな業務改善が期待できます。社内の業務システムでお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

導入事例の紹介