システム開発

業務システムのWeb化 導入事例:在庫管理ソフトへの一括登録

発注データを活用して在庫管理の手間を削減

問題点

複数店舗を持つ飲食店。各店からはメールで発注が送られる。それを本部事務員が手作業で一旦集計し、PCA商魂(仕入れ在庫管理ソフト)に再度手作業で入力している。

締切が守られない
食材準備のため朝10時までに発注メールを送って欲しいが、メールは一方的に送れるため守られていない
事務作業を減らしたい
発注の集計とPCAへ入力する作業に時間がかかっているBAD
普段発注しない物の商品コードが分からない
店舗は商品名で発注するので、本部事務員は正確な商品コードを調べないとPCAに入力できないBAD

導入システム

  • PCAから食材データを取得し、食材発注用のページを作成した
  • 朝10時に自動的に締め切られるようにした
  • 発注データをCSV出力できるようにした
在庫管理ソフトへの一括登録一括登録システム

効果

発注メールの締切が守られない
管理者が手動で解除しない限り締切後は発注できないようになったため、締切前に必ず発注されるようになったGOOD
事務作業を減らしたい
事務員はクリック数回で事務作業が終わるようになった。GOOD
普段発注しない物の商品コードが分からない
システムが対応するため、商品コード間違いがなくなったGOOD

導入事例の紹介